セックスレス解消!セックスレスを乗り越えるため方法

性に関する女性の意識

性に関する女性の意識

一昔前の日本では考えられなかったことですが、現実に今の日本で数多くの女性は性に関心を持っていることをオープンにできるようになっていると思います。それは性行為の重要性を女性側からも深く考え始めたということが言えます。

 

 

ベッドの中ではタダ受け身であることが女性のつつましさだと言われてきましたが、今や女性の方から積極的に性行為にかかわっていくことこそが、男性を夢中にさせる方法であるのです。

 

男性から、愛されるということは、直結して自分自身も幸福になれるというわけなのです。

 

女性は40歳が絶頂期だと言われることがあります。ある化学データでは、せいきのうのはたら気を促すホルモンの排出量を年齢ごとに測定してみると、男性の場合は15歳から25歳までがピークで、あとは緩やかに下降していくばかりですが、女性の場合は、30代後半から40代前半にかけて、そのピークを迎えるというのです。

 

つまり、子供を産み終え、子育てが一段落下、そのあとに性欲が頂点に達し、感度も高まるというわけです。

 

 

この男女のずれをどう考えればいいのでしょうか?40代から50代にかけて働き盛りの男性にインポテンツが増えているという現実がありますが、奥さんたちは性の頂点に達するのです。

 

それなのに、そんな奥さんたちを満足させてあげることができないとしたら、夫婦仲はうまくいくはずがありません。男性として失格だと言われても仕方がないのです。

 

性欲の頂点に達した奥さんたちをとことん満足させてあげることができれば、夫としても男性としても株が上がるというものです。また、感度が最高潮になった奥さんとの性行為は、それまでにない最高のものになるのです。

 

 

そんな奥さんがそばにいるというのに、みすみす手を出さないとはもったいないというものです。

 

しかし、どんなに女性が心をときめかせていても、パートナーである夫がかまってあげなかったり、男性側から愛してあげないと、女性も燃えません。

 

恋をしていると女性はきれいになるといいますが、それは愛されているという実感があるからです。

 

女性の場合はない面の充実が特に大切で、高価な化粧品を買ってあげるよりも、気持ちを伝えることの方が喜ばれることがあります。

 

そして愛されているという実感を一番感じるときが性行為との気なのです。

 

夫婦生活が充実している女性は、肌の通夜からして明らかに違います。それは性行為によって女性ホルモンの分泌が盛んになり、血の巡りも良くなってくるからなのです。

 

奥さんをよりキレイにするためにも、夫婦生活は必要だということです。

 

しかし、女性にも問題がある場合があります。それは不感症です。よく効かれる原因は、クリトリスが包皮で覆われている女性がいたり、便秘のために、性感が鈍くなる女性がいるようです。

 

そのほかには更年期という問題もあります。つまり生理が止まる、いわゆる閉経です。そうなると、女性ホルモンの働きが弱まり、膣が知人で来ると言われています。

 

しかし、心配はありません。その時が来たらダメになると思うことが一番いけないことなのです。閉経後でも適切な夫婦生活を行っている限り、潤いや若さは保たれるのです。

 

いうなれば、生理が止まった時から、女性にとっての新しい性が始まるのです。