セックスレス解消!セックスレスを乗り越えるため方法

イったふりは禁物です

 

大人の女性の恋愛は、セックスだけでは終わりません。ではどうしたら男性の言いなりにならなくて済むのでしょうか?

 

 

秘訣をお教えすると、男性のセックスでは快感が少ないという顔をすることです。

 

女性のほとんどは、男性が一生懸命してくれるというので、フェイク(イったふり)をします。

 

これがまずいのです。逆に、イっても、いかないふりをするのがコツのコツです。すると男性は必ず焦るはずです。自分のテクニックに不安を持つからです。多くの男性はセックスで女性が満足していないと感じると、自分自身に不安を持ちます。

 

そうなると、あらゆる性戯で女性のこころをとろかそうと真剣に一生懸命になります。真剣になった段階で、もう男性はセックスでの上位者ではありません。

 

それこそ毎回、真剣に熱心に愛撫を加えていかなければ、女性が自分から去ってしまうと思うからです。

 

ここで女性が命令者になりましょう。

 

これまでのあなたは男性の命令通り、おしりを持ち上げたり、男性のものを加えていたのではありませんか?もちろん男性があなたを大切にしているなら、男性のいうことを聞きましょう。お互い、それで満足するでしょうから。

 

ところが、殻がやや横暴になりかけたら、あるいはもともと「お前をいい気持ちにさせてやるから」という傲慢なタイプであったら、絶対に男性の言いなりになっては損です。

 

そこであなたが、イったふりをして「いいわ」などと叫んでしまうと、男性の思うつぼです。

 

また、変な命令はしてはいけません。男性がタフで回数を何回もするようなときでも「もうダメ、ゆるして」などと、音を上げてはいけません。かえって「もう一回」と、ねだるのです。こうなると、男性の方が音を上げる番で、これによって男性はセックスの下位者なり下がるでしょう。

 

これで男性は、性的にもあなたにかしずかなければなりません。
とはいえ、命令者だからと言って、あなたが威張ってばかりではいけませんよ。男性が汗ばみ頑張っていたら、優しく抱きしめたり、思い切って甘えましょう。

 

時には、熱いタオルで男性の体をふいてあげたり、ペニスの後ろの睾丸の袋を、温めるといったサービスをしてやることです。

 

男性という生き物は、かわいいものでそんなサービス一つで本気になることがいくらでもあるのです。