セックスレス解消!セックスレスを乗り越えるため方法

声の印象は変えられる

声の印象は変えられる

普段の声とは違う、女性のイッたときの声に男性は感じるのです。

 

声にコンプレックスを抱いている女性は少なくありません。日本は島国で海に囲まれているわけですが、そのために海岸沿いの地域では潮風がのどを痛めてしまうということがあるようです。特に東北地方の日本海沿岸の地域の女性たちは色白で綺麗な半面、少しかすれしゃがれた声の持ち主が多いようです。

 

また、方言などで、「が行」「ざ行」「だ行」などの濁音が入る言葉が多いと、それらは低く発音されるために、低い声だという印象を相手に抱かせるようです。

 

日本語には濁音の言葉が多く、反対に「ら行」「ぱ行」の言葉が非常に少ないと言われています。これは、日本人は古来より米を食べてきたことが原因だと言われています。

 

日照りや豪雨など、米作の「88の苦労」がのどに詰まったからだという説もありますが、それだけ「暗いイメージがある」ということでしょう。

 

例えば、明るさが身上のイタリア人を考えてみると、その語源に「ら行」と「ぱ行」の言葉がとても多いのに気がつきます。

 

自分の声が低いと思っている女性は、できるだけ、濁音言葉は使わずに、代わりに「ぱ行」などの「半濁音言葉」を会話に取り入れるといいでしょう。

 

「おせんべいたべる?」よりも「ポップコーン食べる?」の方が明るい声に聞こえます。

 

半濁音は口を大きく開けなければ発音することができません。対して濁音は、それほど口を開かなくても発音できます。会話の中に濁音が多い女性は、知らず知らずに、ぼそぼそとした話し方になっていることもあるかもしれません。

 

昔、自分のかわいらしさをアピールする女性のことを「ぶりっ子」を言いましたが、その特徴の一つにぶりっ子は「牛乳」のことを「ミルク」といいます。濁音ではじまる「ぎゅうにゅう」よりも、ら行の音が入っている「みるく」のほうが、きれいな音に聞こえます。声や会話の印象がそのまま自分の印象となることを忘れてはいけません。